img_01

フランチャイズ開業オーナー募集のわけは

フランチャイズの開業をしようとすると、意外に難しいものではありません。
大手のコンビニチェーンなどでもよく地域の新聞広告などでオーナー募集をよくしています。


それはフランチャイズ会社が、開業者が多いほど儲かるシステムになっているからです。

大手のコンビニチェーンでも最初の準備金として開業者が300万円は払わないといけません。

そうした準備金で、初期費用を補えます。

その上、フランチャイズというのはその会社のブランド力とノウハウを売り物にするというもので、いわばフランチャイズの開業者に対して行う商売と言えるため、開業者の数が多ければ多いほど、そのロイアルティーで利潤が出ます。しかも、赤字になればその店を経営している経営者が損害を負うため、フランチャイズ会社には負債が被らないことが多いです。



そうした側面から、オーナーは多ければ多いほど会社にとって有益であるのです。普通の会社の会社員であれば従業員はリストラなどでコントロールする必要もあるのですが、オーナーである場合は募集をしてくれればしてくれるほど、良いこととされています。
今の時代では、オーナーの募集はいつでもしています。



オーナーを希望している方は、募集を見ても、説明会を聞くなどして、しっかりとした予備知識と契約内容の理解をしてから、応募した方がいいでしょう。



中には思い描いていたものと大きく違う会社もあるかもしれません。契約料も後から違うと言っても、国からも保証されないのです。

電話帳 販売の情報をご説明します。

事業再生計画は評判がとっても良くて有名です。

人には聞けない珍しい名簿 販売の情報も多数ご用意しました。